本田望結さんに送る言葉の玉手箱

作成者の望結ステーションです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」第9話をたまたまテレビで拝見し、望結さんの自然な演技に感動し、大ファンとなりました。別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

望結さん 2017年も沢山沢山ありがとう

いよいよ2017年も終了です。

こうして健康で2017年を終えられることを感謝し、新しい年を迎え、決意を新たに突き進みます。

今年はいろんなことがありました。

苦しかったことも。嬉しかったことも。

しかし、困難を乗り越えることは自身の成長に繋がると信じて、2018年も健康で、一歩ずつ進みたいです。

2017年。

特に印象的だったのは、プリンスアイスワールドに五公演観戦できたこと。

ふれあいタイムで望結さん、太一さん、紗来ちゃんにお会いできたこと。

望結さんは限られた時間の中で、こちらが緊張して喋れなくても、相手に合った言葉を瞬時にかけてくれました。

自分を応援してくれる人の特徴など可能な限り記憶されているのでしょうね。

プリンスアイスワールドというショーも望結さんのファンにならせてもらえたから体験できたことです。

次に、アシスタントを務めるレギュラー番組出演。

コヤぶるッ!SPORTSは、はなきんリサーチとはまた違った望結さんが拝見できます。

番組進行もngは出しませんし、アシスタントは1年目とは思えないほどで、大人の女性のようで、中学生らしからぬ姿は良い意味で期待を裏切ってくれるほどの素晴らしい望結さんでした。

どちらも頑張って結果出してます。中途半端なんかじゃありません。

今年も多数トークショーにも参戦させてもらいました。

スカイツリーイベント、京都マラソン応援イベント、梅小路フェス、京都フェスなどのトークは堂々としていて、リアルな望結さんの声が聞けて感動しました。

スケート競技は、3月の京都、8月の倉敷、瀬田、10月の兵庫、11月の福岡、12月の京都。

全日本ジュニアを目指されるまでの競技はほとんど見守らせていただきましたが、全日本を決められた群馬に行けなかったのは心残りです。

6月に京都で開催された抽選イベントも涙を飲みました。

しかし、望結さんがスケートを通して目標をクリアされていく姿を見守らせてもらえたこと。

これ以上の幸せはありません。

一つずつスケートで結果を残しながら、お仕事でも私たちに元気な姿を見せてくれる望結さんはなくてはならない存在です。

2018年も望結さんが健康で、一つ一つの目標をクリアされていけるよ応援します。

2017年沢山の感動をありがとうございました、

望結さんのこと以外で、私生活においては、自営業を始めたこと、Apple Watchの新機種とiPhoneXを買ったこと。そして、ずっと欲しかったコーヒーメーカーを安く買えたことは今年の大きな出来事でしょうか!

iPhoneXはそれなりに満足していますし、最近はやっと文字入力のひっかかりも解消できて快適になりました、

そんなこんなで、2018年も楽しく明るく過ごしたいと思います。