本田望結さんに送る言葉の玉手箱

作成者の望結ステーションです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」第9話をたまたまテレビで拝見し、望結さんの自然な演技に感動し、大ファンとなりました。別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

「[第43回西日本選手権」

かなり更新遅れております。
その前に一つバラエティの感想書きたいのですが、西日本選手権を先に書きます。
11月3日から福岡で開催された、
「第43回西日本選手権」、望結さんは3日のSPと4日のFSに全日本の切符をかけて出場しました。
両日行きたかったのですが、日程や費用の捻出が厳しく、「SFだけでも行ければ」と僅かな希望を捨てることなく参戦できました。
乗り物に乗車する時間が長く、会場に滞在していたのは3時間ほどでした。
ジュニア男子のレベルもとても高く、迫力あるジャンプ音が沢山聞けました。
望結さんの滑走順は第3グループ1番目。
製氷後の氷での滑走というのも気分的に新鮮味を感じました。
冒頭のジャンプの音はかっこよくて、連続ジャンプの音もよく聞こえました。
中盤では手拍子もあり、やはり会場だからこそ楽しめる音源と空気は何度味わっても飽きません。
92.26という自己記録更新の瞬間を現地で見届けられた感動。また一つ心の箱に宝が増えました。
ジュニア女子競技が終わり、望結さんの全国行きの瞬間には夜行バスの都合で遭遇できなかったことは心残りでしたが、全日本出場をかけた望結さんの戦い見届けることができました。
群馬県には行けません。望結さんが勝ち取られた全国に行けないことはとても悔しいですが、まだまだこれから望結さんの姿を拝見できる遠征は来年以降も控えていますので、今回は地元から応援します。
改めて、全日本出場おめでとう。
感動をありがとう。