本田望結さんに送る言葉の玉手箱

作成者の望結ステーションです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」第9話をたまたまテレビで拝見し、望結さんの自然な演技に感動し、大ファンとなりました。別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

近畿選手権最高のFSでした

108日近畿選手権大会二日目。望結さんのFS競技観戦です。

10時にリンク入りしましたらすでに望結さんの練習は終わっていました。

競技開始前までの40分近い時間練習拝見していましたら時間の流れるのは早かったです。

望結さんの滑走は20番目でしたが、他の選手の競技をゆっくり拝見し、有意義な時間を過ごしました。

感激したことや思うことがいくつかありましたが、ここでは望結さんについて書き記しておきたい。

20番滑走。

望結さんの順番が来ました。

冒頭の回転が綺麗に決まって、一安心。

二つ目のジャンプもこれまでにないほどの力強さが伝わってきました。速く鋭い氷を切る音がこれまでの大会の中でも一番良かったです。

連続ジャンプの音もよく聴こえて、磁石のように観客の心を引き寄せる技と表現力を体で感じられました。

89.28FSでも自己記録更新。ものすごく頑張られた成果をリアルタイムで見届けられたことは生涯の宝です。

総合得点もげんさんサマーカップの125.28を大きく更新し、143.66

西日本の切符を勝ち取られました。

福岡での現地観戦は叶いそうにありませんが、心の声援を送ります。

お疲れ様でした。

今日は紗来ちゃんと太一さんのFS観戦です。

三日連続のスケート観戦は人生初の経験。紗来ちゃんと太一さんの演技大成功をお祈りします。

それではまた。