読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

わたしたちの金メダル’16決意~

29日は紅白のリハーサルに取り組まれた望結さん。
初めてのことで緊張もされたのではないでしょうか?
お疲れ様です。
ブロードウェイの観劇の翌日から、3日ほどは仕事も忙しかったのですが、昨日はゆっくりで、そのおかげもあってわたしたちの金メダルをリアルタイムで拝見できました。
職場の控え室にはテレビありませんので、ワンセグ受信です。
スマフォのワンセグは田舎で鉄筋の建物となれば全く受信できませんが、古いブースターを応用利用して、受信感度アップさせる作業して、見れました。
この企画番組は今回で4作目になるのかな?
今回も望結さん、真凜さんのスケートへの思いと、純粋さが伝わってきました。
真凜さんも望結さんも、それぞれに抱えた葛藤と向き合いながらこの1年大きくご成長されました。
特に、望結さんは課題にされていたメンタル。去年よりも強くなりました。
苦しい時も耐えて、自分のできることを毎日積み重ねて、全日本では過去最高の演技で結果を残しました。
来期に向けても新たに明確な目標に進めます。
一日の中でほとんど活動している望結さんのアシストを影でされているご両親にも頭の下がる思いです。
望結さんがスケートもお仕事も両方認められたい気持ちとても分かります。
でもね望結さん、この番組を見た人が望結さんのことを「すごい」と思って、その姿から「私も頑張ろう」と1人でも多くの人に思わせた時点で勝ちなのではないのかな?
目的を持つことは勿論大切だけど、そのことに囚われすぎないか心配です。
「たまには原点に戻られると、小さい頃には見えなかったことが発見できるかも。
飴と鞭の使い分けというのか、鞭ばかり使い続けず、飴も使いながら体にご褒美もあげつつ、ずっと心の綺麗な望結さんでいてください。
この1年私は望結さんのご成長される姿、お仕事もフィギュアスケートもほぼ見守らせていただいて幸せで、つらいことや不条理なことも跳ね返して乗り越えてこれました。
そんな望結さんに金メダルを送りたい気持ちでいっぱいです。
本当にお疲れ様でした。

追記!
はなきんリサーチとメレンゲの気持ちはまだ感想かけていないものについて、年明けになってしまいそうですが、マイペースで更新します。