読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

ほのうの体育会TV

望結さんはご多忙な充実感ある毎日を過ごされていますが、くれぐれも健康管理だけはお気をつけください。
オスカルはなきんリサーチなど、更新かなり遅れていますが、今年中には追いつきます。
メレンゲの気持ちについても後日書きます。
昨夜は、ほのうの体育会TVの望結さんの特集を拝見して、改めてフィギュアスケートと女優業にかける偽りなき情熱を見せていただきました。
この1年のご成長を見守らせてもらえた喜びを噛み締めながら特集を見ていると、込み上げてくるものがありました。
撮影前にホテルに泊まってもくつろぐ訳でもなく、
近隣のリンクで練習を絶やさず、朝起きて、夜寝るまで、大人でもきつい過密スケジュールをこなして、この10月23日の全日本で、自己最高得点をマークしました。
あの3分間の貴重な滑りは、解説もあって、ジャンプオンもしっかり聞き取れる色褪せない宝物となりました。
サルコを決めた時の音はこれまでの大会の中でも一番かっこよかったです。
ご家族のアシストもあるからこそ、頑張れるのでしょうが、
望結さんが頑張っているから、ご両親も精一杯のアシストをされていると思います。
しかし、望結さんはご家族の方に支援してもらうだけではなく、
ご両親のご負担を少しでも減らそうと、家ではお料理もされたり、妹の面倒を見られたりして、自分ができることはなんでもしていることもちゃんと見ています。
これからも、希望と目標を持って進んでください。
ずっと応援します。
民総合も楽しみにしています。

広告を非表示にする