読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

夢の全日本ノービス選手権その2

昨日は全日本ノービス選手権2日目観戦。
朝はバイキング朝食をしっかり食べて会場に移動。珍道中でしたが、どうにか目的の会場に入った時は一安心。
最高峰の出口に近い場所で観戦。
まずは、ノービスb男子をじっくり観戦しました。
やはり、ジャンプの迫力はパワーありますし、加速もスピードが感じられ、テレビでは聞き取れない微妙な細かい音を沢山聞けました。
望結さんの出番までは退屈することなくじっくり観戦できました。
目が不自由なりの楽しみ方があって、いろんな発見ができますね。
前日の大会中の得点待ちの静まり返った館内で、小さな子供が「寒い」と言って観客が笑う一幕もあったりして、
「たぶんあの子倉敷でもいた記憶ある。小さい子にしてみると長時間静かに過ごさないといけないのは大変だな。保護者の方も大変た。」
など、競技以外にもいろいろ考えて過ごせて、現実生活から解放された良い時間でした。
あっという間にノービスbの競技が終わり、
ノービスaの開始。
やはり全国はレベル高い。
次々高得点出ます。
岩野さんの107点は後から分かったのですが、観客の反応がものすごかった。
そんな中でも、松岡さんのスピード感ある滑りはリンクの隅から隅まで駆け巡る様子が伝わってくる凄まじい演技でした。
最後に岩野さんを上回る得点出たみたいで、レベルの高さが伺えます。
製氷の時間に帰ってしまったことが悔やまれます。
終電車までねばれば良かった。
長くなりました。
一番大切な望結さんの演技ですが、一言で言うとものすっごぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅく頑張りました。
私の中では、ジュニアの期待は否定しませんが、まず自己ベスト更新と80点超えを願っていました。
それをクリアされて、80点どころか、86.02と、前回より7点も上乗せされ、ジャンプの音も前回より力強く、氷を書き蹴る音もパワーアップしているのを確かに聞き取れました。
終了後の観客の長い拍手。望結さんの時の拍手は少し長かったように思います。得点も大切。でも、それ以前に、お客さんを喜ばせることが望結さんに持ち合わせていることを肌で感じました。
昨年暮れからずっと現地で大会見守らせてもらってきたけど、大成長の姿を見届けられてほんとうに嬉しい。
特に、8月のげんさんサマーカップは、思うような演技ができない一番つらい時期でした。
この2ヶ月で新しい技を会得され、昨日の得点をアップさせました。
2ヶ月耐え抜かれた結果です。
間違いなく女優もスケートも100の力で頑張っています。
朝3キロ走って、スケートの為の特訓は1日7時間。
女優やバラエティのお仕事も全力投球。
テレビのインタビューは自分の言葉でテレビ用にしゃべらない自然な姿が好き。
スケートにもそんな望結さんの人間性が現れているのではないでしょうか?
これから、サルコにさらに磨きがかかり、持ち前の表現力の安定性が加わると、この1年が楽しみですね。
ほんとうにお疲れ様でした。
望結さんの次の大会は、民総合だと思われます。
楽しみにしています。
それではまた。