本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

瀬戸内少年野球団

昨日望結さん初声優のbfgの舞台挨拶が告知され、休暇を取るか迷ったのですが、今回は千キロ近い遠征を残念することとなりました。
10月と11月、12月と4回遠征予定です。
もしも10月の大会成績が評価されると、望結さんは11月の真凜さんが出られるジュニアの大会に出られるかも。そうなれば、今年はあと4回望結さんのスケート観戦できるので、今回は涙を飲みます。
でも、本当なら行きたかったです。
昨日は地元の携帯ショップで、iPhone7を契約しました。
早速持ち帰り、iCloudからデータ移行しました。
全くトラブルなく終了。
望結さんが出演した「瀬戸内少年野球団」終わって、少しするとほとんど完了していました。
使ってみた感想としては、使い始めた時はあまりぱっとしなかったけど、今朝触ったら入力レスポンスはそこそこよくなってました。
ステレオスピーカーは、音が軽すぎる感じです。
また、新しい発見があるかな。

さて、昨夜放送された「瀬戸内少年野球団」リアルタイムで拝見できました。
緊迫したストーリー中のでの演技。実に見事でした。
取っ組み合いの場面や、小学生のラブシーン、父親と二人の場面、野球したいと頼む場面、ボールを投げる場面、最後の旅立って行く場面。
一つ一つの演技、は、先輩の主演に引き劣らないいボールほどのインパクトある演技でした。
ラブシーンはちょっと望結さん大ファンには刺激が強すぎたけど、女優さんですから、、通る道。
最後まで楽しませてもらいました。
お疲れ様でした。
今映画館に移動中。
友人とソフィーに会ってきます。

広告を非表示にする