本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

過去番組を掘り返して楽しむ日々

すっかりご無沙汰しています。

望結さんは充実の日々を過ごされていることと思います。

最近悩み事がありまして。

どんな悩み事かと言いますと、応援ブログのことです。

「望結さんに形ある応援と感謝の気持ちを込めて不定期に更新できれば」と考え作ったページですが、新しい仕事に変わり、気持ちにゆとりがない日もあったりして、更新頻度が少なくなっています。

これからもブログは更新続けますが、いつでも身近に思ったことを書けるようなページを設けることにしました。

さて、最近5月に放送された「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」や24時間、テレビなどの出演番組を改めて拝見しました。

どの番組でも望結さんは13歳であることを忘れてしまうほど大人っぽい雰囲気が現れていて、安心感と休息感を与えてくれます。

「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」のバーベキュー特集の望結さん美味しそうに食べてましたね。

バーベキューにはあんな楽しみ方もあるのですね?

スイカのジュースとか、アイスクリームの作り方なども知らないことばかり。

久々にゆったりできる時間が過ごせたので、エンタメニュースの望結さんや、はなきんリサーチでお姉さんたちと繰り広げる番組もじっくり拝見しました。

食レポする望結さんも頼もしいですが、ファッションなどのアイテムに反応する望結さんはやはり女性。見ていても楽しくなります。

後は、 iPhoneのミュージックリストの整理。本田望結というプレイリストに横山だいすけさんと紗来ちゃんの曲を入れるか入れないか悩みましたが、普段よく聞くのに利用する再生リストに加えて望結さんリストにも追加しました。

今週は望結さんと紗来ちゃんのバラエティ番組あるので楽しみに頑張ります。

全国小学生No1超頭脳決定戦!

朝晩は過ごしやすくなりましたが、日中はまだまだ厳しい暑さが続いております。

近所の園児が運動会に向けての練習に励んでいますが、熱射病になりやしないかと心配になります。

ちょくちょく望結さんのニュース記事読んだり、出演番組などの声が聞けるので元気をもらっています。

さて、昨日放送の

「全国小学生No1超頭脳決定戦!日本一頭が良い小学生は誰だ!」を拝見しました。

望結さんの反応がかわいくて、年齢に見合った振る舞いは見ていても気持ちがいいです。

番組の企画としては面白いのでしょうが、私には合わない内容で、最後まで視聴するのはとても疲れました。

長時間の出演お疲れ様でした。

四日放送の「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」に少しvtr出演ありましたね。

ヤクルトマンイベントの動画も拝見しました。

楽しそうで何よりです。

ブロードウェイクリスマスにもご出演が決まりましたね。

今年は行けない可能性高いですが、12月につきましては民総合に向けてスケジュールを調整します。

それではまた。

8月16日「ヒルナンデス」

早いもので9月に入りました。

8月の業績は厳しい結果になりましたが、望結さんのスケート観戦に2度も行けて、全力で頑張られた生の演技を見守らせてもらえたことはとても幸せでした。

朝晩気温がぐんと下がり眠りやすくなりましたが、くれぐれも風邪などひかれませぬように。


さて、先月816日放送のヒルナンデスを後日拝見しました。

冒頭の「夏休みどこかに行った?」いう質問にスケートのことを言われてましたが、大会後のお元気な声を聞けて安心しました。


干物など食べた後のコメントなど楽しませてもらいました。

サーモンのお寿司よりハーブティーの方が美味しかったのかな笑。

クイズも頑張ってましたね。

1問目の回答選んだ理由が望結さんらしくてかわいかったです。

望結さんの生出演は花があっていいですね。

遅くなりましたがお疲れ様でした。

9月も楽しく過ごしましょう。

読売新聞3姉妹cm

少しご無沙汰してしまいました。

特別忙しい訳ではありませんが、毎日それなりに充実しております。

西日本中小とげんさんサマーカップに出かけた感動的な日からもう半月にもなるのですね。

あの感動がつい最近のことのようです。

望結さんのご活躍はつねに拝見させていただいております。

16日のヒルナンデスなどはまた改めて書きます。

まず、昨日の望結さんはヤクルトマンのイベントに出席されて、ダンスを披露されたようです。

ニュース記事はありましたが、動画などは発見してません。

動画ニュースなどもあるといいな。

そして、土曜夜から放送された24時間テレビcm放送枠で読売新聞の姉妹cmが流れました。

アンバサダー就任編、

読売新聞、

読売中高生新聞、

読売KODOMO新聞、

4パターンでした。

3姉妹共演とても良かったです。

 読売中高生新聞の望結さん中心のcmはやはりおしゃべり慣れしているいい内容でした。

また宝物が一つ増えました。

今後の読売新聞のprにも注目したいです。

夏の疲れが出てくるころですので、くれぐれも風邪などひかれませぬように。

それではまた。

広告を非表示にする

第44回げんさんサマーカップ4日目

44回げんさんサマーカップ4日目。

813日瀬田にて観戦しました。

8時に宿を出発。お土産を買って、アイスアリーナ近隣のコンビニで用事を済ませて会場入り。

望結さんの滑走は930分からの二番目でした。

館内は人も少し少なかったのか、6分間練習も、競技前の調整もよく聞き取ることができました。

広いリンクを加速して、飛び上がる瞬間までの細かい音を鮮明に聞けたのは今回が初めてでした。

そして、緊張の時間が来ました。

序盤にバランスを崩される場面があったようですが、持ち前の強い精神力と集中力を発揮され、次々と連続技を決められました。

その音もとてもよく聞こえたし、連続技が決まってから館内は拍手に包まれる。感動と、この瞬間この場所で大好きな望結さんの演技を見守らせてもらっているという幸福感で胸がいっぱいになりました。

fsの特典は81・85。

前回より更新。

望結さんがそれなりに納得されたなら、私は十分です。

近畿大会では転倒などされなければ90点十分狙えそうですし、この大会では強い望結さんを見せてくれましたので今後は楽しみです。

高得点出される選手にはその選手のご苦労があるし、凄い思うけど、望結さんは望結さん。私はこの大会を最後まで頑張られた望結さんを高く評価したいです。

13時過ぎに会場を後にして瀬田駅に行くと電車遅延がありショック。こんなことならもう少し会場にいればよかった。

しかたないので、近くで昼食とって、電車復旧するころに駅に向かい、京都に移動。

買い物して帰宅しました。21時前には帰り着き、翌日の仕事に備えました。

今回の大会は望結さんにとって悔しさや課題も残ったでしょうが、一つずつ向き合って次に望まれればきっと目的は達成されます。

前向きに頑張られる望結さんをこれからも見守らせていただきたいです。

体と心に響いたげんさんサマーカップ。

太一さん、望結さんありがとう。

お疲れ様でした。

2017げんさんサマーカップ3日目

昨日2017げんさんサマーカップ3日目観戦しました。

5時に地元を出発。

想定外なハプニングもありましたが、10時ギリギリに瀬田に到着。

ほっとしたのもつかの間。望結さんのグループの練習が始まりました。

管内ではとても熱心に戦況を見守られ、応援されていた紗来ちゃんと思われる声も聞こえていました。

6グループ最初の滑走。

天国への階段の冒頭。静かな曲の中で力強いジャンプ音が後方からでも聞き取れました。

観客を集中させる見せる技はsnsを見ていても評価が高く、管内の様子からも表現力の高さが伝わってきます。

悔しさが残ったspだったでしょうが、望結さんの精一杯な頑張りは十分伝わってきました。

昨日あの場所で、あの時間、望結さんの演技を求めてリンクに来られる人が感動し、勇気や元気をもらっていが人がいたならその時点で勝ちだと思います。

私もそのうちの1人です。

fsは気持ちを切り替えて望まれるように応援します。


太一さんの滑走前に男子のジュニアがあり、その戦いも拝見できました。

全体的に高レベル内容に驚きました。

そして、太一さんの滑走です。

ひらひらと氷の上で回転するような細かい音は現地だからこそ体感できます。

それにしても女性の声援も多く、とても盛り上がりのある管内での演技は飛び跳ねて踊り出したいほど爽快な気分になりました。

四回転も挑戦されているようですが、習得できるとさらなる高得点が期待できます。

くれぐれも体を酷使しすぎませぬよう完全完成させてください。

また機会がありましたら現地観戦し、太一さんの姿を見守らせていただきます。

3位おめでとうございます。

16時には会場を後にして宿に移動。おもいっきり爆睡し、二度寝できました。

望結さんのfs間に合うように準備します。

第44回西日本中小小学生フィギュアスケート協議会

86日。

望結さんの公式初のフィギュアスケート。西日本中小観戦に出かけました。

前日のspは仕事の都合て残念し、6日の紗来ちゃんも早朝に出発しても間に合わないと判断し、残念してしまいました。

なんとしても望結さんのfsだけでも見届けたくて、夕方に現地入りしました。

プログラムは30分ほど早く進んでいて、寄り道せずに行って、最前列確保できたのも収穫でした。

望結さんは最終グループの滑走でした。

序盤に転倒されたにも関わらず、最後まできちんと自分の演技を披露されたのはさすがでした。

今回は望結さん自身は納得できなかった内容で、悔しい思いをされたかもしれません。

でも、私は強い望結さんを見届けることができて満足しました。

序盤にミスが出てしまうと、追い詰められてさらにミスを重ねてしまうことも考えられます。しかし、望結さんは一つのミスから崩れることのない強さを見せてくれました。

戦う以上は特典や順位は大切ですし、フィギュアスケートは結果の求められるとても厳しい協議であります。

観客が黙って演技が終わるまて見守っていらつしゃる様子も伺えることからも、その魅力が体で感じ取れます。

見せる技と女優業で培われた表現力。それらは望結さんにしか出せない特色ではないでしようか?

厳しい状況下でも最後の最後まで諦めず、投げ出さない。望結さんの人柄がスケートにリンクしているかのようでした。

その強さを身につけられるまでには想像以上のご苦労があったことと思います。

3年前のあの悔しさは大きな財産になったのではないでしょうか?

一つのミスを修正することができるのは、技術と心の強さを持ち合わせているからだと私は考えます。

あの経験がその強さを作り上げるきっかけになったかもですね。

これからも強い望結さんを見守らせていただきます。

望結さんお疲れ様でした。

紗来ちゃん、優勝おめでとうございます。