読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

おかべろ【本田姉妹フィギュア激カワ講座】


更新は不定期ではありますが、マイペースで書いていきます。

昨日くらいからやっと望結さんの出演バラエティを見てみようという状態に落ち着きました。

昨夜おかべろ【本田姉妹フィギュア激カワ講座】を拝見。

望結さんが毎日前向きに頑張っている姿を改めて目の当たりにすると、自分の生き方の狭さをただただ悔やむばかり。

でも、楽しい30分弱でした。

何事もプラスに考える望結さん素敵です。

岡村さんの番組進行はなかなかよかった。

望結さんは関西弁と標準語のミックストークが微笑ましかった。

4月にお会いした時には京都言葉使ってくれたので、関西人としては嬉しかった。

スケートの説明は少し難しかったけど、説明している時はすごく楽しそうでしたね。

紗来ちゃんも楽しそうにトークに参加していたし、いつもながら望結さんがきちんとフォローされているし、紗来ちゃんも安心し切っているご様子。

この姉妹には癒されます。

望結さんは少し声変わりされたがも。

ドーナツ作りも楽しそうでしたね。

望結さん、紗来ちゃん、お疲れ様でした。

プリンスアイスワールド横浜2日目

4月末に「プリンスアイスワールド横浜」に参戦し、望結さん、紗来ちゃん、太一さん、その他沢山のスケーターの方の演技を体感し、感動的な時間を過ごさせてもらい、決意を新たにスタートしましたが、とても大きな出来事に遭遇し、心も体も疲れきってしまいました。

しかし、思い出されるのは、望結さんたちのスケートの場面や、ふれあいタイムで交わした言葉。

なんとしても今の状況を打破できるよう、一日1日を大切に過ごして行きたいです。


さて、429日は、プリンスアイスワールドを終えて、新横浜駅までスタッフの方に誘導していただきました。

ありがとうございます。

横浜駅で都内に住む友人と会って、夕食を取りました。

韓国料理。何年ブリだろうか?

久々に美味しかった。

2時間ほど交流して、宿に電車移動。

駅から歩いてすぐだったのでスムーズでした。

翌日は10時過ぎに新横浜駅に到着し、すぐ近くの百貨店で本日のふれあいタイムでお渡しするプレゼントを2公演文買って、タクシーでスケートセンターに移動。

午前の部を楽しみました。

流れるような時間。

館内の盛り上がりが前日にも増してすごかった。

個人競技であるフィギュアスケートのショー。その一つのショーを完成させる為に一つになって作り上げられる空間。

現実を全て忘れられた貴重な時間でした。

ふれあいタイムでは、紗来ちゃんにプレゼント渡せなかったのが残念。

渡せなかったということは、1度は紗来ちゃんにお会いできなかったことを意味します。

でも、太一さんと望結さんとはちゃんとお話しできたので満足。

太一さんも望結さんも神対応。感謝の気持ちでいっぱいです。

1公演終わってから、近くで食事。サンドイッチもシチューも美味しかった。

帰りは真っ直ぐ歩いているつもりが、曲がってしまっていて、スケートセンターに自力で戻れなくなってしまう一幕もありましたが、お声がけくださった方に助けていただき、どうにか開演に間に合いました。

楽しい時間が流れていく寂しさと、このふれあいタイムが終われば望結さんに暫くお会いできない寂しさを噛み締めながら過ごしました。速い2時間30分だった。

望結さんの出番が終わってしまった後に流れた時間があまりにも短く感じました。

そして、ついにふれあいタイムの時間が来ました。

望結さんとお話しできる時間が楽しみなはずなのに、終わった後のことを考えると悲しくなります。

二日間楽しかったこと、自分の挑戦のこと。全ては伝えることができ、言葉を送ってくれました。この日のことは一生忘れない。

太一さん、紗来ちゃんとお話しもでき、前の回に渡せなかったプレゼントも一緒に渡すことができました。

野辺山の予選のお話ししたけど、先日54日には野辺山行きを勝ち取れて良かったです。

おめでとう紗来ちゃん。

ふれあいタイムも終わり、館内のスタッフの方に信号のあたりまで送っていただき、人の流れに乗って新横浜駅まで歩きました。

横浜駅でも、親切な方が駅改札前まで誘導してくださり助かりました。

横浜で夜行バス乗車し、地元に戻る時はなんとも寂しかったけど、あの日あの時あの場所で望結さんはじめ、多くのスケーターの技を体で感じることができ、望結さん、太一さん、紗来ちゃんに2日もお会いできた感動的な思い出は誰にも奪われることはありません。

gwも終わり、時は流れています。

ここ数日は苦しい日々でしたが、笑顔になれる日はきっと来る。

今日より気持ちを新たに頑張ります。

プリンスアイスワールドに参戦においてご支援くださった全てのみなさん、ありがとうございました。

プリンスアイスワールド横浜初日



いろんなことが重なり、ファン活動ができずにいましたが、

このイベントは一月以上前からとても楽しみにしていました。

プリンスアイスワールド2017横浜公演。

前日に夜行バスで移動。

早朝横浜到着。駅近くで朝食を取って、10時前に現地入り。

館内では誘導していただけて一安心。

こんな大きなアイスショーは初めてだったので、流れに乗るまで少し戸惑いましたが、会場の盛り上がりがライブに負けないくらいの迫力で、楽しみめました。

紗来ちゃん、太一さん、望結さんが登場した時は音楽のイントロで分かったし、これまでの演技をイメージしながらその世界観を体感しました。

ショーに使われていた音源にもかなり手が加えられていて、ベースやドラムを少し強調させたり、ボーカルに少しエコー入れたり工夫されていたようです。

スケート使用曲はクラッシックというイメージ強かったのですか、アイスショーでは、歌手付きの音源が多数取り入れられていたことにも驚きました。

村上佳菜子さんの演技中は最高の盛り上がりでした。

ショーの後に行われたふれあいタイムは思っていたより制約が緩くて、太一さん、紗来ちゃん、望結さんと2公演お話しできて、満足。

ふれあいタイム参加のルールもあって、プレゼントか会場で販売されている花束が必要だとか戸惑いましたが、ことなきを得ました。

最初用意していたプレゼント、まとめて太一さんに渡してしまい、紗来ちゃんと望結さんには何も渡せなかったけど、すでに望結さんは両手いっぱいにプレゼント持っていました笑。

お手紙は渡せたしよかったよかった。

夜は少し離れたホテルでぐっすり休みました。

楽しい初日でした。

そろそろホテルを出ます。

館内で誘導してくださった方、駅まで誘導してくださった方、ふれあいタイムで誘導してくださった方に心からお礼申し上げます。

本当にありがとうございました

第7回京都フィギュアスケートフェスティバル

47日は望結さん、真凜さんが関西大学中等部、後頭部にそれぞれご入学されました。

望結さん、真凜さん、ご進学ご入学おめでとうございます。

太一さんも先日大学にご入学。

本田兄弟の偏差値の高さには頭が下がります。

さて、先日44日は京都アクアリーナにおきまして、第7回京都フィギュアスケートフェスティバルが開催され行ってきました。

16時のチケット販売に間に合うように、大阪見物してから会場に移動。西京極駅からは行列について行くとアクアリーナに誘導してくれました。

先日整理券もらえたこともあり、最前列に座ることができました

内容の充実した最高のショー。

公式大会ではまず見ることのできない、グループ練習と、それぞれの音楽流しての2分間練習まで見学できたので、開演までの時間は短く感じました。

そしていよいよ開演。

多くのスケーターの方が戦い無しで、持っている力を出し合う最高の空間でした。

紗来ちゃん、望結さん、太一さんの滑りは体じゅうで感じられたし、シンクロはチームワークの良さに感動。氷を書きける音が揃っていて、一体感を感じられました。

太一さんがリンクに登場して、音楽流れる前に一つジャンプ決められたようなかっこいい音が聞こえました。

真凜さんの表彰も見守らせてもらい、改めてその功績に大拍手を送らせていただきました。

そして、真凜さん、太一さんが舞台上でインタビューを受ける場面は想定外でした。

最後にはまさかの本田姉妹と太一さん揃って登場。最高でした。

せっかくのサインボールの投げ入れは最前列にも届かず残念。

とはいうものの最高のショーでした。

2年連続で紗来ちゃんのお誕生日に望結さん、紗来ちゃん、真凜さんの生の姿を拝見でき、今年は太一さんにもお会いできました。

忘れられない日になりました。

みなさんお疲れ様でした。ありがとう。

最後に、帰りはハプニングに見舞われ、終電に乗り遅れてしまい、多くの方にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

4月2日放送「おしゃれイズム」

日曜は体調不良により、仕事を早退してしまいました。

夕方に帰宅して、4時間ほど仮眠して、23時の放送時間には少し元気になりました。

望結さんのトーク力が前にも増して向上しましたね。

スケートやお仕事に関しての決意や思いはぶれていなくて、その決意の強さを改めて確認しました。

中川大志さんのネタはちょっと嫉妬してしまいます。

やはり恋する中学生。

望結さんにメールもらえてしまう中川さんが羨ましい。

京都の食べ歩き場面は紗来ちゃんも登場。テレビだからといって演じキャラをしない紗来ちゃんは爽やかで気持ちいいです。

錦市場のお漬物今度食べます。

最後に紹介されたお母様のメッセージ感動しました。

偉大な母親は本田家の要です。

望結さん素敵です。今最も憧れの人。家族で支え合い、互いに認め合いそれぞれの目的に向かう本田家のみなさん最高です。

勇気と元気をいただいて、今週からも頑張ります。

CDTV春スペシャル 卒業ソング音楽祭2017

本日44日は、紗来ちゃん10歳のお誕生日。

おめでとうございます。

飾らない無邪気な紗来ちゃんは大好きで、これからも応援します。

さて、先日放送された「CDTVスペシャル 卒業ソング音楽祭2017」ですが、リアルタイムで拝見できました。

冒頭から望結さんのナレーション出たのでテンションアップ。

卒業ソングのエピソード紹介。初めての経験にも関わらず、アクセントの使い方やお便りを寄せた方の気持ちになって、見事にその時の状況を表現されていたのは見事でしたし、プロの姿に感動しました。

3時間ゆっくりテレビを見れました。

番組内容もなかなか良かったですが、望結さんのナレーションが一番でした。

 

お疲れ様でした。

第3回 梅小路フェス


iPhoneが防水なのをよいことに、朝からお風呂に浸かりながら書いています。音楽も聞いたりしながらくつろぎモードでした。

今朝は4時に起きてお弁当の仕込みしたりして、健康的な朝を迎えました。


さて、25日の土曜日は望結さんと紗来ちゃんのスケートに感動して、京都市内の宿に移動。

コンビニで夕食買ってお部屋に移動。朝までゆっくりしました。

お風呂に3度、入って、疲れもしっかり癒して、26日の始まりです。

7時前にレストランに移動。バイキング朝食をしっかりいただきました。

食べ過ぎて、縁日ではカレーしか食べられませんでした。

梅小路公園10時前に到着。

最前列でイベント進行を楽しみました。

高校生たちのダンスで開幕。

望結さんの出場まで沢山の歌など聞かせてもらいました。

「日本には知らないアーティストが沢山いるのだ」と改めて知った1日でした。

みなさんプロとあって個性的な歌や演奏を楽しませていただきました。

特に、小栗栖ゆかりさんの独特でメッセージ性強い歌は印象的でした。

1245分くらいからDo You KYOTOのコーナーが始まって、40分くらい望結さんの登場を待ちました。

最前列とあって、いい大人があまりはしゃぐのも行儀悪い気がしたので、控えめにしていましたが、少しはしゃげばよかったかな。

望結さんが登場して、環境の取り組みなど心がけていることを聞きました。

マイボトルいいですね。

私も勤務する時にはマイ水筒持参して、ジュースばかり飲んでいた生活を改善しました。

一人暮らし始めた去年の春くらいから。

空き缶のとっくは集めて、車椅子基金に出していましたが、これからペットボトルの蓋を集めます。

発言する時はしっかりと。

じゃんけん大会の時に小さな子供に接する態度はお姉ちゃんモードでとても微笑ましく思いました。

望結さんのファンで良かった。

スケートやお芝居が素敵なことも大切だけど、私のファンの選定基準は人間性を重視しています。

じゃんけん大会は2度ともすぐに負けました。望結さんじゃんけん強いな。

望結さんのトークショー終わってから、カレー食べて、京都を後にしました。

二日間最高の休暇となりました。

望結さん、ありがとうございました。

広告を非表示にする