本田望結さんに送る言葉の玉手箱

当ブログ管理人のファンキーです。2015年春に放映されたドラマ『警部補・杉山真太郎 ~吉祥寺署事件ファイル」の望結さんの自然な演技に感動し、ファンとなり、別ブログにて応援メッセージを配信していましたが、本日2016年8月18日より、こちらに移転することになりました。また、フィギュアスケーターとして活躍されている望結さんも積極的に応援します。

第44回げんさんサマーカップ4日目

44回げんさんサマーカップ4日目。

813日瀬田にて観戦しました。

8時に宿を出発。お土産を買って、アイスアリーナ近隣のコンビニで用事を済ませて会場入り。

望結さんの滑走は930分からの二番目でした。

館内は人も少し少なかったのか、6分間練習も、競技前の調整もよく聞き取ることができました。

広いリンクを加速して、飛び上がる瞬間までの細かい音を鮮明に聞けたのは今回が初めてでした。

そして、緊張の時間が来ました。

序盤にバランスを崩される場面があったようですが、持ち前の強い精神力と集中力を発揮され、次々と連続技を決められました。

その音もとてもよく聞こえたし、連続技が決まってから館内は拍手に包まれる。感動と、この瞬間この場所で大好きな望結さんの演技を見守らせてもらっているという幸福感で胸がいっぱいになりました。

fsの特典は81・85。

前回より更新。

望結さんがそれなりに納得されたなら、私は十分です。

近畿大会では転倒などされなければ90点十分狙えそうですし、この大会では強い望結さんを見せてくれましたので今後は楽しみです。

高得点出される選手にはその選手のご苦労があるし、凄い思うけど、望結さんは望結さん。私はこの大会を最後まで頑張られた望結さんを高く評価したいです。

13時過ぎに会場を後にして瀬田駅に行くと電車遅延がありショック。こんなことならもう少し会場にいればよかった。

しかたないので、近くで昼食とって、電車復旧するころに駅に向かい、京都に移動。

買い物して帰宅しました。21時前には帰り着き、翌日の仕事に備えました。

今回の大会は望結さんにとって悔しさや課題も残ったでしょうが、一つずつ向き合って次に望まれればきっと目的は達成されます。

前向きに頑張られる望結さんをこれからも見守らせていただきたいです。

体と心に響いたげんさんサマーカップ。

太一さん、望結さんありがとう。

お疲れ様でした。

2017げんさんサマーカップ3日目

昨日2017げんさんサマーカップ3日目観戦しました。

5時に地元を出発。

想定外なハプニングもありましたが、10時ギリギリに瀬田に到着。

ほっとしたのもつかの間。望結さんのグループの練習が始まりました。

管内ではとても熱心に戦況を見守られ、応援されていた紗来ちゃんと思われる声も聞こえていました。

6グループ最初の滑走。

天国への階段の冒頭。静かな曲の中で力強いジャンプ音が後方からでも聞き取れました。

観客を集中させる見せる技はsnsを見ていても評価が高く、管内の様子からも表現力の高さが伝わってきます。

悔しさが残ったspだったでしょうが、望結さんの精一杯な頑張りは十分伝わってきました。

昨日あの場所で、あの時間、望結さんの演技を求めてリンクに来られる人が感動し、勇気や元気をもらっていが人がいたならその時点で勝ちだと思います。

私もそのうちの1人です。

fsは気持ちを切り替えて望まれるように応援します。


太一さんの滑走前に男子のジュニアがあり、その戦いも拝見できました。

全体的に高レベル内容に驚きました。

そして、太一さんの滑走です。

ひらひらと氷の上で回転するような細かい音は現地だからこそ体感できます。

それにしても女性の声援も多く、とても盛り上がりのある管内での演技は飛び跳ねて踊り出したいほど爽快な気分になりました。

四回転も挑戦されているようですが、習得できるとさらなる高得点が期待できます。

くれぐれも体を酷使しすぎませぬよう完全完成させてください。

また機会がありましたら現地観戦し、太一さんの姿を見守らせていただきます。

3位おめでとうございます。

16時には会場を後にして宿に移動。おもいっきり爆睡し、二度寝できました。

望結さんのfs間に合うように準備します。

第44回西日本中小小学生フィギュアスケート協議会

86日。

望結さんの公式初のフィギュアスケート。西日本中小観戦に出かけました。

前日のspは仕事の都合て残念し、6日の紗来ちゃんも早朝に出発しても間に合わないと判断し、残念してしまいました。

なんとしても望結さんのfsだけでも見届けたくて、夕方に現地入りしました。

プログラムは30分ほど早く進んでいて、寄り道せずに行って、最前列確保できたのも収穫でした。

望結さんは最終グループの滑走でした。

序盤に転倒されたにも関わらず、最後まできちんと自分の演技を披露されたのはさすがでした。

今回は望結さん自身は納得できなかった内容で、悔しい思いをされたかもしれません。

でも、私は強い望結さんを見届けることができて満足しました。

序盤にミスが出てしまうと、追い詰められてさらにミスを重ねてしまうことも考えられます。しかし、望結さんは一つのミスから崩れることのない強さを見せてくれました。

戦う以上は特典や順位は大切ですし、フィギュアスケートは結果の求められるとても厳しい協議であります。

観客が黙って演技が終わるまて見守っていらつしゃる様子も伺えることからも、その魅力が体で感じ取れます。

見せる技と女優業で培われた表現力。それらは望結さんにしか出せない特色ではないでしようか?

厳しい状況下でも最後の最後まで諦めず、投げ出さない。望結さんの人柄がスケートにリンクしているかのようでした。

その強さを身につけられるまでには想像以上のご苦労があったことと思います。

3年前のあの悔しさは大きな財産になったのではないでしょうか?

一つのミスを修正することができるのは、技術と心の強さを持ち合わせているからだと私は考えます。

あの経験がその強さを作り上げるきっかけになったかもですね。

これからも強い望結さんを見守らせていただきます。

望結さんお疲れ様でした。

紗来ちゃん、優勝おめでとうございます。

7月17日「ヒルナンデス」26日「戦え!スポーツ内閣」

先日「7月も一週間切りました」とか書いてましたが、日にちを勘違いしていたようです。

いよいよ8月。

重要な大会を二つ控えています。

去年以上のご成長は確実。

プリンスアイスワールドでの演技評価も高いです。

アイスショー一つ上げても、大会に向けてプラスになっているはず。

アイスショーなどに出場して、怪我などの想定外な出来事に遭遇してしまい、大切な大会に出られなくなることもマイナス材料となるかもですが、練習過程でも事故に遭遇する可能性はありますし、望結さんにとっては全てのチャンスが自身を高める材料となることだと私は考えます。

4月のふれあいタイムでアイスショーの感想を聞きましたら、「すごく楽しかった」と言われてましたし、そういう楽しい時間も必要です。

全ての経験が8月の大会で生かされますように。


717日「ヒルナンデス」26日「戦え!スポーツ内閣」感想など書きます。

ヒルナンデスは、タコ漁やトコロテン作りなどのツアー楽しそうでしたね。

たまに関西弁でコメントするのも新鮮味あっていいですね。

それにお料理もただ「美味しい」と食べるだけじゃなくて、食レポもちゃんとされていて、きちんと仕事を果たされていることに関心しました。


これは今回に始まったことじゃなく、前からバラエティ番組の望結さんは好印象でした。

そして、「戦え!スポーツ内閣」では先日のアイスショーの自分のvtr見ながら、本田望結選手を解説されていたのは印象的で、自分の長所だけではなく、短所を人前でも言えるのはいいですね。

自分の短所というのは隠したいものです。

真凜さん、紗来ちゃんのエピソード話される時は楽しそうで、こちらまて楽しくなってきました。

これからも、可能性を信じて自身を高めてください。

二つの挑戦を一つにする決断に迫られたとしても、望結さんが決められた挑戦を見守らせていただきます。

7月もあと少し。

楽しく過ごしましょう。

野辺山合宿お疲れ様です

梅雨も明けて、厳しい夏日がやってきました。

望結さんと紗来ちゃんはこのシーズンに向けて、野辺山合宿で特訓受けて次の目標に備えています。

この合宿参加権利も毎年選考会の大会で勝ち取られた権利です。

厳しい特訓の成果が今シーズンの重要大会で活かされることでしょう。

今年も西日本とげんさんサマーカップ参戦予定です。


昨年この二つの大会を現地で見守らせていただきましたが、倉敷でのノービス2で出場の紗来ちゃんが未だ忘れられません。

上級生の選手が高得点出す中で、一番最後の滑走でした。

終了後主題受けている場面に遭遇しましたが、この大会の反省を明確に分析し、厳しい質問にもハキハキと受け答えしている姿から精神力の強さが伺えました。

そして、2ヶ月後、近畿ブロックでは大きく特典を行進させ、優勝を勝ち取りました。

望結さんも、201512月から見守らせていただきましたが、トリプルサルコなどの新たな挑戦に苦労されながらも、昨年の全国では入賞を果たされた喜びは生涯わすれません。

これからも、前向きに頑張っている望結さんたちの姿を見守らせていただきます。

今月もあと一週間切りました。

楽しく過ごしましょう。

プリンスアイスワールド2017東京7月14日午後

714日のプリンスアイスワールド東京公演に行きました。

前日夜行バスで東京入りして、朝食を取り、プレゼントなどを買って会場入り。品川からも東京からも少し離れた会場は少し移動が複雑でした。

13時くらいに現地到着。

開演を待ちました。

平日の日中ということもあり、4月の横浜よりお客さんも少なかったように思いましたが、言い換えれば、平日の日中でありながらお客さんを確保できるだけの人気のあるショーであるということにもなります。

14時の開演が近づくにつれ緊張感高まってきます。

今回も音楽の構成など含めて、想像の世界を広めつつ楽しむことができました。

望結さんと真凜さんが前半早々の出場でしたね。

望結さんが選曲された曲は私的にはとても良かったです。

「ギターかピアノ演奏単体の楽曲を選曲してくれないかな!」なんていう思っていました。

曲が綺麗であればあるほと、望結さんの演技もなお際立つでしょうし、ワルツやフラメンコなどは望結さんのイメージに合っていると思います。

押尾光太郎さんのような楽曲もいいでしょうね。

アイスショーも全体的には盛り上がっていましたし、現実を忘れることができる時間でした。

ショーのみならず、ふれあいタイムは私にとってとても重要な時間です。

このふれあいタイム参加を巡っては、スタッフの方にはご迷惑をかけましたことにつきましてこの場でお詫び申し上げます。

全盲の私は単独でふれあいタイムに参加できず、写真撮影もプレゼントお渡しも1人では不可能です。

スタッフの方に誘導を依頼したのですが、あの混乱した状況でその流れに入るのは不可能で、結果望結さんが通過してしまいました。諦めざるを得ない状況でしたが、別のスタッフさんが通過ししてしまった望結さんにプレゼントを渡すチャンスをくださいました。

この問題は今後の課題になりそうですが、同行者のチケットを買って、運営者に迷惑をかけなくすることがベストなのかな?

望結さんにお会いできたことは良かった気持ちと、スタッフさんに申し訳ない気持ちと複雑な思いを抱え帰宅しました。

混乱の状況下で対応してくださったスタッフさん、ありがとうございました。

帰りも一波乱ありまして、終電に乗れず、高額なタクシー代使いましたが、翌日の仕事には間に合ってよかったよかった。

望結さん、素敵な時間と、ふれあいタイムでの温かい言葉をありがとうございました。

握手していただいた数秒の積み重ね。一生忘れません。

先週の特番と、今日放送されたひるナンデスなどの感想は後日書きます。

7月1日放送「秘密のレッスン」

早いもので、7月に入りました。

8日には望結さんと紗来ちゃんが1日駅長勤められました。

大阪駅行きたかったです。

毎年この時期になると思うけと、他のイベントに確実に行けるようにエネルギー充電しておきます。

お疲れ様でした。

1日に放送された「秘密のレッスン」の望結さんはリアルタイムで拝見できました。

この番組は副音声放送だったので、望結さんの様子もよく分かって良かったです。

他のゲストの話に楽しそうに反応している姿にも満足。

エピソード聞いていると、過去のバラエティのお話を思い出したりしながら聞いていました。

最近普段の声か低くて、声変わりを感じます。

井上真央さんのような雰囲気を感じますね。

もうすくプリンスアイスワールドです。

夏本番に入りますが、くれぐれもお体に気をつけて、ご活動、勉学に励まれますよう応援しています。